数あるデリケートゾーン専用石鹸の中から、適切なものを選ぶポイントとは?

デリケートゾーンの悩みを抱えている方はまず石鹸選びから対策を行っていきましょう。清潔を維持しつつ、臭いやかぶれ、黒ずみといったトラブルを予防・改善できる環境づくりを行っていくためにも石鹸選びは基本中の基本となります。

常在している表皮ブドウ菌は、肌環境を守ってくれている

デリケートゾーン臭い対策

そんな石鹸選びのポイントとなるのが表皮ブドウ菌という肌に常在している細菌です。この最近は分泌された皮脂や汗を元に肌を弱酸性の状態に維持する役割を備えており、雑菌の増殖を防ぐ重要な働きを担っています。ですから、あまり殺菌力が強い石鹸を使用してしまうと雑菌だけでなくこの表皮ブドウ菌までも殺菌してしまいかえって肌環境を悪化させてしまう恐れがあるのです。

 

デリケートゾーンはとりわけ衛生環境に対して神経質になりがちなため、つい殺菌力・洗浄力が強すぎる石鹸を使用してしまったり、洗う際にゴシゴシと洗ってしまうしまうケースが少なくないので要注意です。人の肌に近い弱酸性の石鹸を選び、肌に不要な刺激をもたらさない洗い方を心がけましょう。

 

一方同じブドウ菌という名称がつけられていても悪い影響をもたらすのが黄色ブドウ菌です。この細菌が増殖するとアンモニアやイシドールといった悪臭をもたらす物質を作り出す原因となるため、日々の入浴で増殖を防いでいく必要があります。肌に優しく、そのうえで適度な殺菌作用を備えた石鹸が求められます。サリチル酸などの殺菌成分が適度に配合されている製品を選んでみましょう。

 

デリケートゾーン専用の石鹸なら低刺激と殺菌作用をうまく両立したものもありますから、配合成分などを細かくチェックしてみるとよいでしょう。

天然成分配合か、添加物の使用についてもチェック

デリケートゾーン臭い対策

低刺激という点では植物由来のエキスをはじめとした天然成分を配合しているかどうか、そして合成界面活性剤や防腐剤、合成香料、合成着色料といった添加物があまり使用されていないかどうかも大事なポイントです。ヘアのお手入れ後やすでにかぶれを起こしている状態ではこの点かもっとも重要になります。
また強く擦らずに洗うためにも泡立ちがよいものを選ぶとよいでしょう。

 

こうしたポイントを踏まえておけばデリケートゾーンのケアにピッタリな石鹸を選ぶことができるはずです。これまで思うようにケアができないと悩んできた方はまず石鹸選びから見直してみましょう。

口コミで選んでみたデリケートゾーンの臭い対策グッズランキング