VIOラインの処理方法の種類とメリット・デメリットとは

デリケートゾーンのケアが難しい理由の一つがVIOラインのアンダーヘアの存在です。お手入れをするたびに肌を傷めてしまうことも少なくありませんし、肌が敏感な状態になってかぶれを起こしてしまったり、さらにはメラニン色素の増加による黒ずみが起こったりします。かといって処理をしないと見た目の問題が生じますし、蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい状況になってしまいます。

 

そのためいかに負担をかけずに効果的にアンダーヘアを処理できるかがデリケートゾーンのケアの大事なポイントとなるのです。現在ではさまざまな処理方法が登場しており、自分に合った方法を選んで活用していくことも可能です。

ブラジリアンワックスは自宅で一度に一気に処理できるが肌に負担がかかってしまう

VIOの処理方法

従来の処理方法はカミソリでした。費用をかけずに効果的に処理できる方法である一方、肌を傷めやすいという大きな難点を抱えていました。とくに毛の量が多い方にとっては手間もかかり、剃り残しをしてしまうといった問題もあります。手軽にできるこの方法のメリットを活かしつつより効果的に出来る他の方法をうまく組み合わせていくのが理想的なケア方法を築くうえでのポイントです。

 

自分で出来る方法では他にブラジリアンワックスという選択肢もあります。いわゆる脱毛ワックスと呼ばれるもので、VIOラインに塗付して固めた状態にしたうえでヘアと一緒に引き抜く方法です。以前はエステ・サロンで行われてきた方法でしたが、今では自宅でできる家庭用の製品も市販されるようになっています。一度に一気に処理できるメリットがある一方、少々荒っぽいため方法のため肌に負担がかかってしまうのが難点です。

費用はかかるが自然に毛が抜けるレーザー照射もおすすめ

サロン・エステで行われている脱毛方法ではニードル脱毛とレーザー照射があります。ニードル脱毛はかつて主流の方法でしたが、強い痛みが伴ううえに手間がかかる方法のため現在ではあまり使われなくなりました。変わってレーザーを照射することで毛根にダメージを与えて自然に毛が抜けるようにするレーザー照射が主流になっています。費用がかかるのが難点ですが、VIOの処理に悩んでいる方は検討してみるとよいのではないでしょうか。

口コミで選んでみたデリケートゾーンの臭い対策グッズランキング